男性型脱毛症でお悩みの方にはミノキシジル配合育毛剤!

薄毛でお悩みの男性は、日本国内で1000万人以上もいるといわれていますが、その症状のほとんどはAGA(Androgenetic Alopecia)と呼ばれる男性型脱毛症です。

早い方は、20歳過ぎくらいから発症し、40歳代になると、男性の30%もの方が発症するというほど多くの方が、この脱毛症に悩んでいます。

脱毛症は、円形脱毛症のような成長期の髪が抜け落ちてしまう成長期脱毛と成長期の髪が休止期に入って抜け落ちる休止期脱毛の2つの種類に大きく分けられますが、その中で、男性型脱毛症は休止期脱毛の代表例になります。

そんな男性型脱毛症の原因は男性ホルモンが大きくかかわっているため、以前は、遺伝的な影響が強く、治療は難しいとされてきました。

実際に、男性型脱毛症に効果的と謳った育毛剤が各メーカーから数多く販売されていますが、それらをいろいろ試してみても、なかなか効果が得られないで諦めてしまう方が少なくないという現実でした。

各メーカーは、独自の育毛理論を展開して、もっともらしい育毛の根拠を謳っていますが、それらは医学的な根拠がなく、何が本当に証明されているかということも分からず、効果の期待できない育毛剤が溢れ返っている状態でした。

しかし、現在は、髪や育毛の研究が進歩し、唯一、医学的に男性型脱毛症に効果が認められている塗り薬成分の「ミノキシジル」が誕生し、これを配合した育毛剤が販売されています。

ちなみに、飲み薬では「フィナステリド」という成分の効果が認められています。

このミノキシジルの誕生で、男性型脱毛症の改善効果が期待できるようになりました。

もともとミノキシジルという成分は、アメリカで血圧を下げる降圧剤として開発され使用してきましたが、これを投与していた治療中の患者さんから、副作用で多毛症が認められたことから育毛剤の成分として研究が進み、その後、1980年代にアメリカのファルマシア・アップジョン社(現ファイザー)が、外用薬育毛剤「ロゲイン」として発売しました。

日本国内でも、1999年に厚生労働省でミノキシジルが認可され、現在は大正製薬から「リアップ」という商品名で、ミノキシジル配合育毛剤として販売されています。

この「リアップ」の価格は、60ml入りボトル1本で、7611円(税込)だと思いますが、なかなか高価な育毛剤で、ある程度の期間続けようとすると、金銭的にかなりの負担になると思います。

そこで、オススメなのが、ジェネリック医薬品の輸入育毛剤です。

ジェネリック医薬品とは、日本では、まだ、それほど進んでいませんが、あらゆる試験を経た新薬の先発医薬品と同等の有効成分、効き目、安全性があると認められ、薬事法の厳しい基準や規制をパスして、特許が切れた後発医薬品のことです。

先発医薬品は、開発して発売できるまでに、巨額な費用がかかり非常にコストが高くなってしまいますが、後発医薬品のジェネリックは、そのような費用が必要ないため、コストが安くなり、とてもお得な価格で販売されています。